競馬舞ログ

競馬予想を上げながら、的中率、回収率UPを目指すブログです。

アーモンドアイの凱旋門賞登録見送りについて

陣営は英断を下したと思う。

確かに現役最強馬の凱旋門賞挑戦、海外最強馬エネイブルとの対決ともなれば、盛り上がりを見せたに違いない。

 

ただ以前の記事でアーモンドは化け物だと評したが、あくまで日本競馬界においてはというのが現時点での評価。

人間でも適材適所があり、全てをトップレベルでこなせる人はなかなかいないと思う。稀に大谷翔平のような怪物もいるが。

 

シンザン記念で荒れた馬場を快勝しているが、3歳戦のG3だ。高速馬場で圧倒的なパフォーマンスを見せているが、欧州の馬場をこなすだけのパワーがあるという印象は今のところない。

凱旋門賞は欧州調教馬以外の馬は勝ったことがない。欧州は外国馬に勝たせないようにあの手この手を使っている。

 

日本競馬界も外国馬に勝たせないよう、日本馬に有利な馬場を作っていることは明白た。ジャパンCにおいての外国馬はアルカセットが2005年に制して以降は(0,0,1,49)だ。

 

何年も前から感じているが、お互いわざわざ参戦する必要があるのか。